ご挨拶

乗り物好きを自任していましたが、このところ徒歩での旅行がマイブームです。

2013年11月17日日曜日

ドイツで郵便バス復活

 ヨーロッパで鉄道が交通の主役になったのは19世紀の半ば以降。それ以前は、街道を結ぶ定期旅客交通の主役と言えば郵便馬車だった。その名残は、ドイツでは絶えて久しいが、スイスには今も郵便バス(Postbus)として見られる。

 それがここに来てドイツでも復活の兆しを見せている。これまでは遠距離交通としてはドイツ鉄道が優遇されており、50 kmを超える長距離バスは路線開設が限定的にしか認められていなかった。それが2013年になって自由化されたことで各地で路線開設の動きが活発になった。そして11月、ドイツポストのバス路線が出現した。郵便バスの復活!

 先日、ベルリンのZOB(中央バス駅)にその姿を探しに行った。時刻は13時30分、ちょうどライン地方へと向かうバスとハンブルク行きのバスが停車中だった。

 下の写真がライン地方行き。行き先はボン。バスはADACとPostの共同事業になっている。ADACは、全ドイツ自動車クラブで日本のJAFに相当する組織。真新しい黄色の塗装が曇り空を背景に映えていた。


 後ろの郵便バスがハンブルク行き。ベルリン - ハンブルク間はこれまでもバス交通が盛んだったが、ポストの参入で競争が激化しそうだ。


 行き先の表示板にもPostbusの文字。マグデブルク、ハノーファー、ビーレフェルト等に停車してボンへと向かう。


 あと5分で発車だが、車内はがらがらだった。まだあまり情報が浸透していないのか、皆時間のかかるバスは敬遠しているのかは不明。サイトによると車内はインターネットも可能で電源もあるとのことだ。チケットは郵便局でも購入できるそうだ。ポストバスは、まだ夜行運転は行っていない。ライン地方まで乗り続けるのは辛そうだが、マグデブルク程度なら乗ってみたいもの。

 長距離交通での優遇を奪われたドイツ鉄道も黙ってはいない。下の写真はベルリンのバス会社BEXと提携するDBバス。車体のカラーデザインがICEやICを彷彿とさせる。ただこれによってIC路線はますます整理されるのかもしれない。DBではICバスを走らせている。





 最後の写真はベルリンの中央バス駅(ZOB)の待合室の様子。インフラがかなり古い。バスは安価な交通手段ということもあって東欧からの旅客やバックパッカーの姿が目立つ。

ちょっとうらぶれた感じは、「今度のバスで行く〜。西でもひが〜しでも♪」という歌がよく合いそうな雰囲気だ。

2013年11月10日日曜日

ICEスプリンター再び(今回は一等車)

 エルベ川の洪水で寸断されていたベルリンとヴォルフスブルクを結ぶ高速線は、その復旧に2014年初頭までかかると一時期言われていたが、それよりもずっと早く2013年11月には復旧した。そして再びスプリンターがベルリンとフランクフルト・マイン間を走り始めた。

 昨年、ヴィースバーデンで開催された見本市にこの列車で出かけた。今年は、高速線寸断の影響でマグデブルク経由となるため日帰りは厳しい、それなら今回は見合わせるかと考えていたのだが、高速線の復旧が早まり再度の見本市訪問が実現した。昨年は2等車の個室を使った。混んでもいなかったし十分快適だったのだが、今回は1等車を利用することにした。ただ去年と違い早めに予約したので、実は去年の2等での往復よりも安くついた。

 朝6時少し前、ベルリン・ズュートクロイツ(Südkreuz)駅に列車が入線。この日は11月6日だが、11月1日のスプリンター(?)は、この駅には停車も通過もせずに、ベルリン東駅を始発としてベルリン市内を南北ではなく東西に横切って運転したようだ。車内で入手した運行表によれば、東駅を4時20分に出発し、シュテンダール他、通常のICEが停車する各駅に停車しながらフランクフルトへと向かったということがわかる。ヴォルフスブルクからブラウンシュヴァイクを経由してヒルデスハイム、ゲッティンゲンに停車しているのでハノーファーは通らないショートカットコースで走っていたことになる。


 スプリンターは、快速ICEだが車両は何の変哲もないICE第1世代の編成。大分陳腐化した。

 下の写真は、1等車の個室。座席はご覧の通り開放室のそれと同じ独立シート。2等車の座席とは違うのだが、片側に3人×2の6人部屋だからその点は2等と変わりがない。部屋は2等よりは広いのだろうが昔は5人が定員だったのでダウングレードの感は否めない。


 私が今回予約したのはコンパートメントではなく開放室の方。昨年、帰りの列車で同室の人が話し好きでゆっくり休めなかったという経験から今回は開放室を選んだのだが、コンパートメントもがらがらだったので、こちらでも良かったかもしれない。その辺りが1等車と2等車の違いか。

 下の写真が1等車の開放室部分。私に割り当てられたのは独り掛けの席。それはいいのだが、何と窓側に関わらず柱の陰で外が見えないという最悪の席。ベルリン最後の停車駅シュパンダウを過ぎても席に余裕があったので窓のある席へと移動した。


 昔は窓の位置に合わせて座席が配置されていたはずだから、こういう柱の陰で外が見えないという席はなかったはずだが、後から前後の間隔を詰めたのだろう。コンパートメントと同じでここにもダウングレードの痕跡が伺われる。昔に比べると今の1等車は、1.5等車、昔の2等に近づいて来ている。驚くなかれ、前後の間隔だけをとるとICE1等車のそれは、東海道新幹線の普通座席よりも窮屈ということになる。まあベルリンとヴィースバーデン往復を135ユーロで購入できることもあるのだからその点は致し方ない。ダウングレードにも感謝。

 それでも1等車が2等車と違うところもある。それは、ICEに限るが、供食サービスがあること。有料だが食堂車からの出前を座席で受け付けてくれる。スプリンターの場合、さらに無料の軽食サービスがある。チョイスは、ハムかチーズのサンドイッチ。簡単な食事だがボリュームはかなり。それにお茶/コーヒーとジュース、お菓子も配られる。コーヒーは、おかわりもあり。


 昨年は、到着がかなり遅れてスプリンター&ICE特別料金が払い戻されたが、今回は定刻通り9時42分にフランクフルト中央駅に到着。

 ちょうど列車を降りるときにお客さんからの問い合わせの電話があった。このお客さん、この前デュッセルドルフに行ったときも中央駅で列車が入線して来たときに電話をくれた。鉄道の旅と縁があるのか?

 駅のラウンジに駆け込んで、メールをチェックし、電話で問い合わせをくれたお客さんにも返事ができた。依頼の内容は鉄道とは何の関わりもなかったが・・。

 ラウンジを使えるのも1等車の恩恵。移動中でも落ち着いた環境で仕事ができるのは有り難い。

帰路に利用したラウンジの様子(1等専用ブース)